もしも明日からお金が無くなったらどうしますか?

携帯代金でここまで違う!?

 

もしも明日からお金が無くなったらどうしますか?

携帯電話は現代人に取って必需品となりました。今やスマートフォンという次世代端末になり、ゲームが出来たり、無料でチャットが出来たりと非常に高性能になり、言わば小型パソコンのようになりました。

 

ですがここで私が驚いたのは利用方法によってその月額料金がピンきりであるということです。私などはおそらく平均的な利用方法なのでそこまで料金はかからないのですが、あまり使わないという人は本当に金額が少なく、逆にいろんなサイトやアプリに対して重課金とも呼べる程にお金を使っている人はかなりの金額の支払いが毎月来ていることがわかったのです。私はそこで今の利用額に無駄がないかどうか、更に施策やキャンペーン等で利用料金が安くならないか、携帯電話のショップで見なおしてみることにしたのです。

 

すると調べていなかった分色んな所で損をしており、最適なプランニングを立ててもらうと、同じ利用方法でなんと2000円も安くなったのです。たかだか2000円と思う方と、2000円も変わったのかと思う方といらっしゃることと思います。私は後者です。何もしないでここまで料金がカットできると思うと、自分で働いたお金がもっと自由に使えるんだという喜びを感じました。

我が家の貯金について

 

もしも明日からお金が無くなったらどうしますか?

今年の4月からいよいよ増税することになりました。そのため、我が家でも増税対策のためにちきんと貯金をしようと思い、実践をしています。目標貯金額は、年間100万円。そして、こどものための教育資金が2人分で年間36万円貯金をすることです。

 

それまでは、節約をしているつもりでも毎月いくら使っているのかきちんと把握しておらず、カードの明細書がきてびっくりという状態が続いていました。これではいけないと思い、家計簿をつけて何にいくら毎月使っているのかきちんと項目ごとにつけはじめました。そうすることで、何に使いすぎているのかが明確にわかり、つかうべきところの見極めがきちんとできるようになりました。

 

外食費や遊び代などのやりくり費は、予算をきめているので、その予算内で楽しめることを考えようと、工夫することが出来るようになりました。ほかには、ケータイ代の節約も契約内容を見直していらないパックを減らしたりなど節約することが出来ました。節約できたことが嬉しくてまた毎日の貯金のモチベーションにもつながっています。貯金したお金で、今はマイホームを購入するための頭金に使おうと思っているので、理想のマイホームを手に入れるためにコツコツと頑張っていこうと思います。